★【Now and Forever】★
★【勇気のたてがみ】★

2013年04月14日

★無料視聴公開中!【勇気のたてがみ/The Mane of Courage】Instrumental Version★


皆様、おはようございま〜〜〜す!

バラード・シンガー・ソングライター兼ボイス・ヒーリング・トレーナー

スペちゃん こと SpaceWind でございまする。

(*^▽^*)ノハーイ

やっと、気温が上がってまいりましたね〜!

さて、今日は、 スペちゃんの楽曲の 

インスト・バージョン(Instrumental Version)

無料視聴公開中!

のお知らせです!

ヽ(`▽´)/☆ワーイ!☆ヽ(`▽´)/☆ワーイ!

歌い上げ系 バラード楽曲の

【勇気のたてがみ】
(英語タイトル:The Mane of Courage)

で〜す!

スペちゃんの 下記HPにて、無料視聴できます!

http://www.spacewind.net/HPPlugIn表示について7.png

◆メニューバーの 【Free Listen♪】をクリック!

無料視聴ページに飛びますが、【Plug in】表示や、【Add on】表示が、ブラウザーの左下か、上部か、
お使いのソフトやバージョンによって表示されますので、【許可】してください。


◆Quick Time や、プレーヤーが、お使いのPCにインストールされてない方

HPPlugIn表示について3.png


1.Plug-In/Add On 表示を ”許可”する

(すでにソフトがPCにインストールされてる方は、ここで試聴可能となります。)

2.QuickTimeInstaller などを ダウンロードする。
3.インストールした QuickTimeInstaller をダブルクリックして、ソフトをPCにインストール。
4.PCを再起動して、HP表示を更新すると、プレーヤーが表示されます


HPPlugIn表示について4.png

これで、無料視聴OKです!

友人からの感想も大変好評の 美しい楽曲です。
(多分に、 アレンジャーさんの 手腕によるものが大きいですが!)

歌詞も、とても前向きな、”未来へ翔く内容”で書き上げました!

この機会に、 是非是非、 スペちゃんの

【勇気のたてがみ】インスト・バージョンを フル尺 で!

試聴してみてくださいね!

それじゃ〜、 〜〜〜ヾ(*'▽'*)o マタネ〜♪


posted by スペちゃん at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

★【最強の真言】と【音の波動の海】、本『音はなぜ癒すのか』より★

皆様、こんにちは〜!わーい(嬉しい顔)

春の嵐と豪雨に見舞われてる地域の方は、外出の際には十分気をつけてくださいませ!

(*^▽^*)ノハーイ

さて、今日は、西洋医療の現場に
”クリスタルボウル演奏”と、”マントラ詠唱”
を用いておられる医師の方の”本”をご紹介します!

【音はなぜ癒すのか―響きあうからだ、いのち、たましい】 [単行本]
ミッチェル・ゲイナー (著), 上野 圭一 (翻訳), 菅原 はるみ (翻訳)


音がからだに与える作用を、感情レベル、思考レベル、霊的レベルからとらえて、からだが変容されていくプロセスを、医師の立場、あるいは優れたヒーラーとしての立場から説明してくれている本です。

音はなぜ癒すのか-本.jpg

•2000年9月に発売され、現在絶版です。

著者:ミッチェル・ゲイナー氏のプロフィール:
コーネル大学医学校付属ニューヨーク病院ストラングがん予防センターで、腫瘍科科長および統合医療プログラム所長を務める。


●ゲイナー医師は、西洋医学とともに“クリスタルボウル”演奏、“瞑想”、“マントラ詠唱”などの【音響医療】を相補医療として用いることで、余命1〜2週間と判断された何名もの末期がん患者が、3〜4年生き続けることに成功している医師です。
ここで着目すべき点は、“相補”でありながら、ゲイナー医師が寧ろ音響医療を化学医療と同立の位置として用いている点です。

●ゲイナー医師が、医療の現場に東洋思想を取り入れたきっかけは、@【音楽家出身の気功家・山口正芳】氏との出会いと、A自分の生活習慣の中での“瞑想習慣の再開”からです。

●ゲイナー医師は、マスターに4年もかかるグレゴリオ聖歌の歌唱より、即実践できる 【マントラ詠唱】を選択しました。
【ビジャマントラ】と呼ばれるもので、サンスクリット語で【7つのチャクラのそれぞれと調和する7つの音節】という意味です。

マントラ発声を用いないリラクゼーションでは、【1年も2年もかかる患者の意識の転換が、わずか数セッションで達成できるようになった】、と述べています。
意識の集中と思考の停止により、【痛みと苦悩を手放すこと】に成功するのです。

★★★ここで一部本文より抜粋して、ご紹介します。★★★

----ここから、P39-41の中の一部引用---------


●ヒンドゥーの伝統はその起源を、紀元前3000年紀から1000年以上にわたってサンスクリット語で書き継がれた聖歌の集大成である【リグ・ヴェーダ】にまでさかのぼることができる。

●古代インドの聖人たちは、宇宙が【波動の海】であり、あらゆる事象はそこから顕現するものであるという、現代の科学者がようやく発見したことを、とうの昔に洞察していた。

(スペちゃん注:あやしい“波動”という単語ではなく、正真正銘 科学用語の“波の振動伝搬”のこと)

人間が知覚することのできる世界も、通常の意識状態の知覚を超えた「神」もしくは【絶対】の世界も、ともにそれぞれ特有の 音の波動 で満たされている。マントラヨーガの実践者はその 音の波動 を使って宇宙の神秘を洞察し、主客合一の意識レベルに到達するのである。

●いちばん基本的で暗唱しやすいマントラは、【種子】を意味する【ビシャ】のマントラだといわれている。
人を高次の意識、つまり【エッセンスに入り込ませる力の種子のようなマントラ】というところからそう名付けられたものだ。種子のマントラのなかでも最も神聖な【オーム】という音は、信じる宗教の種類を問わず、いまでも瞑想をする無数の人たちに使われている。私もよく患者に【オーム】の詠唱から瞑想をはじめるように指導することが多い。そのマントラには命の脈動のすべてが含まれているとされているからだ。


●【ウパニシャッド】には「言葉と音の本質はオームにある」と記されている。
また、仏教の経典は、 【オーム】を「最強の真言であり、この力だけで覚りを得ることができる」 と書かれている。

-----------引用ここまで--------------


自分軸の中心からはぐれてしまったな、なんだかモヤモヤしていてネガティブだな、なんて感じたときには、
即座に実行できる【オーム、オーム、オーム】を お守り のように、日常唱えてみると良いのかもしれないですね!

以上です。

それじゃ〜、〜〜〜ヾ(*’▽’*)o マタネ〜♪

posted by スペちゃん at 11:30| 東京 🌁| Comment(0) | 読書・本・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【★スペちゃん 1st Al CD/9曲入り 発売中!★】

SpaceWind

販売URL 【Amazon.co.jp】:
My 1st Album CD "Beyond The Blue" on Amazon.co.jp
Beyond The BlueBeyond The Blue
SpaceWind

曲名リスト
1. 月がロマンを照らすから~Moonlit Romance~
2. ALIVE
3. Diamond Slice
4. 銀河の薔薇
5. I'm in love
6. Now and Forever~永遠の彼方~
7. 魂の紋章~Heart and Soul~
8. Beyond The Blue
9. No More Cry

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。